富山県 山口

昨日ヒアリングしたのは、富山県まさに富山県、いつもはサクラの契約社員をしている五人の中年男性!
集まることができたのは富山県、メンズキャバクラで働いているAさん富山県、貧乏学生のBさん、富山県自称アーティストのCさん山口、芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん山口、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では始めに、富山県辞めた動機から聞いていきます。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元メンキャバ就労者)「おいらは、山口女心が分からなくて始めたらいいかなと思いました」

人は俺を富山県 山口マスターと呼ぶ

B(元大学生)「オレは、富山県稼ぐことが重要ではないと考えて辞めましたね」
C(歌手)「僕は、山口オペラ歌手をやっているんですけど、富山県まだ素人同然なんで丸っきり稼げないんですよ。大スターになる為にはささやかな所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、山口地味なバイトをやって、富山県当面の間アンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「わしは山口、○○って芸能プロダクションに所属してダンサーを目指してがんばってるんですが山口、一度の舞台で500円だけしか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラの仕事をやっているんです」
E(中堅芸人)「実際は、富山県ボクもDさんと同じような状況で、富山県1回のコントでたった数百円の貧しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、山口ステルスマーケティングのバイトを始めました」
驚くべきことに、富山県五人中三人ものメンバーがタレント事務所に所属しているという至って普通のメンバーでした…、富山県それなのに話を聞いてみずとも富山県、彼らにはサクラ独自の喜びがあるようでした…。

筆者について

dH3xFX4Y

記事を表示 →